お肉と加工食品の超老舗!ハンナン株式会社とは

お肉と加工食品の超老舗!ハンナン株式会社とは

加工食品の大手といえば大阪にあるハンナン株式会社。
誰もが一度は耳にしたことがある社名ではないでしょうか!日本各地に事業所があり、そして、何と創業して69年という超老舗!また、加工食品の提供だけでなく、豚肉や牛肉などお肉の自社ブランドの確立や、生産、そしてアメリカやオーストラリア、韓国、中国など海外の主要な地域に拠点を築き、世界へ食肉の供給を展開しているグローバルな会社です。
有名なのは、日本では誰もが一度は足を運んだことがある、最大手の牛丼チェーンのあの牛肉もハンナン株式会社が供給しています。
他にも日本全国のスーパーやレストランにお肉を提供しており、長い間、日本の飲食業界の味を支えてきた存在です。
日本には多くの加工食品を扱う会社がありますが、私はハンナンの上質なお肉を使った製品が好きです。
老舗だけあってお客のニーズをよく研究されて製品作りをしているのがわかります。
通信販売や百貨店でも購入できますので、機会があればぜひ食べてみてくださいね。

美味!ハンナン株式会社の昔ながらの味

お肉の加工食品にはちょっとしたこだわりがある私ですが、ハンナンのグループ会社では、ハムやソーセージ、ベーコン、ローストビーフなど多数の製品を販売してます。
そのなかで、私がはまってしまったのは生ハム!生ハムにはちょっとしたこだわりがあり、原木で購入した事もある生ハム好きです。
とにかく風味と歯ごたえが良いのです。
もう一つはソーセージ!ソーセージを手作りした事もある私ですが、ハンナンのソーセージはパリっとした食感と質の良いお肉を使っているおかげで、肉汁がとても美味しいのです!以前、贈り物として頂いたことがきっかけでしたが、今は自身で購入していますハンナンのソーセージは焼いても茹でても風味が失われず、他の食材とお相性も良いのでたいへん重宝しております。
ハンナンのハムやソーセージは流行の斬新な味ではありません。
機械加工の大量生産が多いなか、いまだに昔ながらの製法で作られており、お肉本来の味と食感がしっかりと活かされているのでオススメです。

ハンナンという会社のこだわりがすごい

ハンナンは原料や製品にたいするこだわりが強く、品質への取り組みが徹底しています。
下手に改良を加えず美味しいものは昔からそのまま。
安定した美味しさを維持しているためリピーターも多いようです。
ウチの親戚は、毎年お中元やお歳暮の時期になると、必ずハンナン製品の詰め合わせを用意してくれます。
ありがたい!衛生面の安全確保はもちろんですが、原料となるお肉もホルモン剤などを一切使わず、自然の中で天然由来の穀物飼料を与えて育てるそうです。
小さい子供も安心して食べられるのが嬉しいですね!また、ソーセージやハムなどの加工食品の他に、ハンナンブランドの国産の牛肉や豚肉を飼育するさい、与える飼料にこだわっており、ハーブ、梅、ワイン澱などを食べさせて独自のブランド肉を生産しています。
聞いただけで美味しそうですね!そして、牛や豚達は出荷されるまで大事に大事にストレスフリーに育てるそうです。
ハンナンノジューシーソーセージ
ストレスを受けないためお肉が美味しくなるそう。
これも他では味わえない美味しさのこだわりですね。

仏教の一派、念仏宗

仏教の一派、念仏宗

念仏宗と聞いてピンとくる方、いらっしゃったら、なかなかに仏教通ですね。
私はといいますとですね、全くといって良いほどピンときませんでした。
お恥ずかしい限りです。
仏教の宗派の一つかなぐらいしか思いつきませんでした。
以前、ヨーロッパに滞在した際、フランス人の友人と宗教について語り合う機会がなぜかありました。
その場には私以外にもう一人、日本人がいたのですが、仏教や神道の概念を仏教国でない国の人に説明するのは本当に大変なことだと痛感しました。
日本人特有の宗教観に相手はぽかんとしていましたよ。
それと比べれば、念仏宗ときいて仏教の一派かな、なんて思いついたのは案外悪い線ではないのかもしれません、なんて自分の弁護は置いておいて、今日はこの場をお借りしまして、日本人の宗教の基本である仏教の、念仏宗という宗派についてお話ししていく所存であります。
と、仏教らしく少し堅い口調で言ってみました。
中身は決して堅くはならないはずですので、是非ご一読を。

そもそも念仏宗って?

では、早速ですが、念仏宗についてお話していきますね。
まず仏教で大事な総本山ですが、念仏宗は、三寶山、無量壽寺を総本山としています。
ここには、天竺、つまりは現在のインドを起源とする仏教の文化が現在にまで受け継がれています。
この総本山の特徴は、中国の唐土、韓国の百済、そして日本の大和の国、この三つの国伝来の、仏教文化が結集しているという点にあります。
実際の境内には、その三つの国の文化を代表とする建築様式であったり、仏像をはじめとした遺産、それから庭園などがあり、それらを通じて仏教のはじめである天竺の文化が現在も芽吹いていることを感じることが出来ます。
実施に行ってみると、心が洗われることでしょう。
そして、念仏宗では阿弥陀三尊が本尊としてまつられています。
総本山を参詣するには、事前に申し込みをしなくてはなりません。
案内は申し込み順になされるので、少しでも行きたいと思った方はすぐに、お申し込みをしてみることをおすすめします。

念仏宗、信仰の心得とは

では最後は、念仏宗の信仰の心得をお話ししましょうかね。
お釈迦様は、「万物はうつろいゆく 怠ることなく精進せよ」と言う言葉を最後に残して亡くなったと言い伝えられています。
精進という言葉は仏教ではなじみのある言葉ですね。
お坊さんのご飯のことを精進料理と呼びますよね。
この精進の意味を改めて説明しますと、悪い行いはやめて善い行いをすることに対して勇敢であること、心を励まして、ただただお釈迦さんが示してくれた道を進むこと、だそうです。
お釈迦様の心を自分自身の心の言葉なんだ、と信じて、他の様々なものに思いやりの心を日々実践していこう、というのが信仰の一番大切な心得です。
念仏宗の理想は、お釈迦様のおっしゃったことと真の仏教を共に実践することです。
念仏宗を極める
ここまで、ざっくりとではありますが、念仏宗について色々とお話してきました。
お話ししていて思うのは、やはり念仏宗、というより、仏教というものは奥が深いということです。

気持ち良い無垢のフローリング〜床暖房〜

気持ち良い無垢のフローリング〜床暖房〜

金属やコンクリートと違い、塗装していない無垢のフローリングは、少し暖かさを感じることができます。
床暖房にするのも良いですが、無垢は、寒いところで触れると暖かく感じます。
熱を伝えにくいので、金属やコンクリートと比較すると、圧倒的に熱を通さないので、人の体温を奪わず、人の熱が溜まるので暖かさを感じるのです。
また、冬場はスリッパを履かずに裸足で歩くのが気持ち良いです。
それほど暖かく感じるのです。
猫でさえも暑さを感じると言われています。
しかし、お手入れが大変です。
床を拭く場合は、必ず乾いた雑巾で行います。
表面はコーティングされているのですが、水で拭くのはあまりよくありません。
メンテナンスや掃除が大変で、水をこぼしてしまうと染み込んでしまうのですが、避けられない宿命とも言えます。
そんな時におススメなのが、オイル塗装です。
素材の質感を失わないまま、暖かさも感じることができます。
無垢材のフローリングでもオイル塗装をしていれば水をこぼしてもすぐに拭けば大丈夫です。
また、寒い地域に住んでいる人には床暖房をおススメします。

無垢のフローリングは硬さが重要〜床暖房〜

無垢のフローリングは硬さが重要〜床暖房〜

無垢のフローリングに使用する木は、硬さがとても重要です。
床暖房にする人が急増しています。
フローリングは、生活の空間を支えるとても大切な物。
硬さが大切なのです。
一言で硬さといっても内容は様々で、圧縮や曲げ、引掻きに対する対抗力、たわみへの強さなどです。
生活していくうえで、物を落としただけで凹んでしまうような床は嫌ですよね。
生活に支障をきたす場合もありますよね。
一般的の硬さを紹介すると、スギは女性でも斧を思いっきりふれば薪を割れるくらいのものが、たくさんあるくらいの柔らかさです。
物を落とした時に、傷がついてしまって確実に凹んでしまうような素材というイメージです。
針葉樹と広葉樹に分かれます。
針葉樹は柔らかくて、広葉樹は硬いと思ってください。
硬いと言っても、木なので傷はつきます。
引っ掻き傷が目立ってしまうこともあります。
しかし、保温性や質感が良く、裸足で歩くのが気持ち良いです。
フローリングで迷っているのなら、無垢材にして床暖房にするのもおススメです。

無垢材で床暖房〜フローリング〜

無垢材で床暖房〜フローリング〜

フローリングを無垢材の床暖房にすることは、決して不可能ではありません。
しかし、反りが出てしまったりします。
そして、値段少し高くなります。
また、冬には板と板の間に多少の隙間ができてしまいます。
さらに、夏場は湿気が原因となってその空いてしまった隙間がふさがります。
そもそも無垢材はとても人気です。
家を建てる際に導入する人が多いのです。
色合いや質感が人気で、肌触りも良いのが人気の理由なのだと思います。
物によっては傷つきやすい種類もあるので、気をつけましょう。
無垢は、そのままの物で全く混じり物のないという意味があります。
植っていた木を伐採して、製材したり加工したりしたものです。
コンパネやべニアのように、貼り物とは異なります。
言い方を変えると、人の手で作られた木の板ではないということになります。
家にある無垢なフローリング、床暖房にできます
使用できる部分が少ないので、貴重な材料なのです。
無垢材でフローリングを、床暖房にするのは可能ですが、使用する材料の種類などに気をつけましょう。

最近でも見る煙突

最近でも見る煙突

突然ですが、みなさんは実際に煙突を見たことがありますか。
知り合いの中に、写真の中でしか実物を見たことがないという人の話を聞く機会があり、唐突に疑問に思いました。
平成になってからの数十年で、世の中は大きく変化してきたと思います。
本当に一昔前なら夢物語や近未来の話だと思うような技術なんかや、バーチャルな話だったようなことでも、今となってはごく当たり前の身近なことなのでしょう。
そのため一昔前ではよく見たようなものであったとしても、簡単に流行や時代の変化に押し流されて、あっという間に過去の出来事というくくりに入れられてしまうのかもしれません。
しかし、そんな事ばかりでは、少々寂しい気もします。
自分にとっては身近で慣れ親しんだものが、あっという間に古いというイメージを持たれてしまうのですから。
その中でも煙突は確かに今はもうほとんど見かけないかもしれませんが大事な役割を果たすものだと思いますし、もう少し煙突が広まっていったとしてもいいのではないかなと思います。

今の煙突について

当たり前のことではありますが、みなさんの家のほとんどが煙突のない家なのではないのかなと思います。
もちろん、わびさびを大事にしてらっしゃる方のお宅には煙突があったとしても不思議ではありませんが、都会ではほぼ確実に見ることはないでしょう。
煙などの通り道になりますので、都会などの住宅が密集している地域などでは、まず真っ先に苦情の嵐になりそうな予感がいたします。
洗濯物や空気の入れ替えなどを行っているお宅もあるため、非難ごうごうでしょう。
現代の日本でもしも活躍の場があるとしたなら、温泉などの人里から離れたところか、山の方などではないでしょうか。
それか周りに住んでいる人がいないような場所のようなイメージがあります。
温泉好きな人ならもしかしたら見たことがあるのかもしれません。
また、温泉ではなくとも、銭湯などでは比較的に目にする機会があるのではなかろうかと思います。
昔はよく目にする光景でもあったので、見ると昔を思い出すという方や、煙突がなくなってしまうのは忍びないという方もいらっしゃると思います。

これからの煙突について

これからの時代においては残念ながら煙突の普及率は上がる事は難しいと思います。
煙の出ない無煙の薪なども今では存在いたしますし、そもそも石炭を原料にして何かするというのは私たち一般家庭の人間はもちろんのこと、エネルギーの開発やそれに関連する事柄に関わっている人でも少ないのではないのかなと思います。
しかし、現在も煙突があるところはあります。
そして、時代に合わないからと言って、すぐに無駄と決めつけるのも早計な考えだと思います。
ある事柄が無駄に感じる人がいるのなら、その感じた人と同じ数の反対意見を持つ人もいるのではないでしょうか。
人の好みや感性、好き嫌いに白黒はっきりついたのならばまだ簡単だったのでしょうが、流石にそんな事はないですし、そんな簡単に割り切れるような問題でもないと思います。
少なくとも、まだ煙突が好きな人もいると思います。
煙突のメンテナンスの仕方
話が若干飛びますが、煙突がなしになってしまったら、クリスマスのサンタのお話もだいぶつまらないものになると思いませんか。

写真館を愛知県で利用しよう

写真館を愛知県で利用しよう

何かの記念撮影を愛知県でする時は、写真館で専門家に撮影してもらった方が良いと思います。
趣味で写真を撮る機会が多い人でも、専門家と比べると、どうしても大きな差が出てしまうでしょう。
一生に一度の記念の日を撮影することもあるので、台無しにならないように、専門家に依頼をしてください、撮影が失敗すると、その日が思い出したくもない最悪な日に変わってしまいます。
せっかくの記念日をそんな風に感じるのはもったいないです。
費用が発生することを気にして、なかなか専門家に依頼をすることができないかもしれません。
ですが、クオリティーの高い写真撮影ができるのであれば、それほど気になる金額ではないと思います。
少しの費用の支払いを拒んだことが原因で、記念日が最悪の日になる方が、ショックが大きいと思います。
しっかりと良い写真館を愛知県で調べて、最高の思い出を後世まで残せるようにしてください。
インターネットなどを使うと、情報が分かります。

子供向けの写真館を愛知県で探す

子供がいる場合は、記念写真を取る機会が多くなるので、それに伴って愛知県で写真館を利用する機会も多くなります。
その時は、子供向けの写真館を利用しましょう。
子供は黙ることができないので、撮影をする時も好き勝手に動く可能性があります。
それではカメラマンやスタッフに迷惑をかけてしまう恐れがあります。
ですが子供向けの場合は、子供の扱いに慣れているスタッフが多いので、子供の気を引いて、その間に写真を撮るなど、いろんな工夫をしてくれます。
通常の場所ではそうはいかないので、かなり長い時間が必要になることが考えられます。
それでは疲れてしまいます。
何とか撮影し終わった場合でも、疲れ切った表情になってしまうので、何とも言えない仕上がりになってしまいます。
記念日ですから、最高の笑顔の写真を残したいですよね、それなら、子供向けの写真館を愛知県で利用してください。
その方が、神経質にならなくて良いので、リラックスした気持ちになれます。

愛知県で衣装の豊富な写真館を使おう

衣装の豊富さも、写真館を愛知県で選ぶ時の条件に考えてください。
特に子供がメインになる場合は、たくさん衣装があった方が子供も喜びます。
公式ホームページには、衣装の情報が記載されていることがありますが、それはほんの少しです。
画面では正しいデザインが分からないこともあるので、気になった写真館があれば、実際に訪れて見学をしましょう。
そうすれば、衣装を実際に確認できるので、子供が気に入るか判断できます。
気に入った衣装があれば、そこに決定しても良いでしょう。
子供に好きな衣装を着せることで、写真撮影をスムーズに進めることができます。
見学に行った時、ついでに予約を済ませることもおすすめの利用方法です。
愛知県の写真館で記念撮影を予約!
予約をしなくても良い場合がありますが、それではかなり長い時間待たされる可能性があります。
愛知県で無駄な時間を省きたい場合は、写真館にしっかりと予約をしてください。
そうすれば約束した時間に行けば、すぐに対応してもらえます。

関東学院高等学校のハンドベル部の美しい音色を響かせましょう

関東学院高等学校のハンドベル部の美しい音色を響かせましょう

今月に入ってから、子どもがいろんな学校のオープンキャンパスに行っているのよ。
そこで出会ったのが、ハンドベル部でした。
他の学校ではあまり聞かないクラブで気に行ったみたいなの、喜んでハンドベルの話をしています。
関東学院高等学校に行けば、ハンドベルを教えてもらえるって張り切っているの。
人数は少なかったけど、私たちの時代にはもっとたくさんの部員を集めてみせます。
いろいろとアクシゼントが多いほど、私は燃えるのです。
弱音を吐きそうになったら、みんなでハンドベルの音色を聞いて勇気を奮い立たせて行きます。
関東学院高等学校に美しい音色を響かせましょう。
学校にあるチャペルと同じで、ハンドベルも清らかな音を奏でてくれます。
2年に一度の世界大会や全国フェスティバルに関東フェスなどもあるから、演奏をする機会はたくさん有るみたい。
ボランティアで演奏したり、演奏活動を通して心を育てる部活動を行っています。
横浜の街に関東学院高等学校のハンドベルの音色を響きわたらせましょう。

関東学院高等学校に入りたい意志は、よく分かりました

関東学院高等学校に入りたい意志は、よく分かりました

あなたのお子さんは、どこの学校に行くかもう決めたの?うちもまだ決めてないの、子どもと私の意見が合わないのよ、どっちが折れた方が良いのかしら。
子どもの意見をもっと聞いて見ましょうか。
そうしたらきっと、答えは出るわよね。
子どもに聞いたら、私は関東学院高等学校に行きたいのって、少し遠いけど大丈夫ってもう決めましたって、制服もエンブレムが可愛いしステキですよ。
オープンキャンパスに行った時に部活動体験をさせてもらったの、そこで素晴らしいクラブと遭遇したの、マーチングバンド部に入部したいの。
授業の体験もしてきましたよ、先生も生徒もみんな仲良しに見えたわ、私はこの学校に入る運命なんだと分かったの。
ってホントに言う事が夢の中で何か聞こえたんじゃないのって言いたかったけど、本人の意志が固くて、私の方が根負けしてしまったの。
関東学院高等学校に入りたい意志は、よく分かりました。
あとは頑張って、受験勉強に精を出して下さいね。

子供に関東学院高等学校に行くって、断言されてしまった

子供に関東学院高等学校に行くって、断言されてしまった

わが家の子どもが遂に来年、高校受験を迎えました。
先生からこの高校が良いのではと言われた学校は、子どもがイヤと言ってしまい何処が良いのと聞いたら、親友といっしょの学校を受けるってもう二人で決めてるようなのよ。
関東学院高等学校に行くって、断言してくれたわ。
女の子の執念は凄いですよ、大人顔負けです。
好きな男の子でも居るのって聞いたんだけど、親友の彼女と同じクラブで高校生活を送りたいらしいの。
そんな素敵なクラブがあるのかしら。
中学校でも3年間続けてきた音楽を、本格的にしたいって言うのよ、大丈夫かしら。
オーケストラ部に入って、全国高等学校選抜オーケストラフェスタへの参加も出来るから行くのよ。
横浜みなとみらい大ホールで定期演奏会も行っているのよ、すごいでしょうってもう高校に受かった気でいるのよ。
関東学院高等学校での各種活動プログラム
関東学院高等学校は、そんなに簡単に入れる学校ではないのよ、分かっていますか。
お母さんは娘の学力を知らないんですかって、反対に説教されてしまったわ。